塗装の変化

塗装の技術というものは年々向上してきているという風にも考えられているわけですが、鉄道会社が要求する技術の高さも、課題となってきており、一般的な乗用車と同じような、美しい、外観が求められるようになってきたのも、間違いないという風に言えるかもしれません。かつては、第二次世界対戦でネジや釘などが飛び散らないように、なるべく溶接箇所を、少なくした戦車が活躍した、という風にも言われておりますが、新幹線に関しても、美しさの面から言って溶接箇所をなるべく少なくする、ということが積極的に行われているようです。溶接箇所を、少なくすることで、なるべく塗装の歪みというものがなくなってくるという風に言われており、これを、積極的に推奨していく流れが、現代も根強く、これからも、相当に強くなってくるのではないか、というふうに、考えられなくもありません。しかし、大型なものの塗装をする場合には、溶接箇所を少なくした場合には、歪みが非常に生じやすくなってしまい、修理をする際も、大きなパーツを変えなければならない、という事態に直面しやすいという、デメリットもあるわけですが、そのような時に、パテをつけるなどして、なるべく滑らかな状態を保つなどの、必要性が生じることになってしまうわけです。現代でも、結局のところ、溶接箇所に研磨をするなどして、なるべく、滑らかになるように保っているわけですが、このようにしてまで、美しさを追求するようになったのは、現代人が、より、美しいものを求めている、ということの、何よりの証拠ではないか、と考えられなくもないのではないでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です