特殊な塗装

実際のところ、新幹線のとそうは、その猛烈なスピードに耐えられることはもちろんのこと、雨であったり、風であったり、障害物であったりから、保護する役割を果たしている、という風に言えるわけです。保護する役割というのは、普通、電車の塗装であっても、用いられるわけですが、新幹線の場合には、常識を超えたスピードで移動することになるため、それに耐えられるだけの、技術を活かさなければならない、という風に言えるわけです。そして、日常のメンテナンスにも、耐えられるだけの、しっかりとした塗装技術を行かせなければならない、という点も、難しいところであるという風に、言えるのではないでしょうか。90年代までの電車の塗装、というものは、光沢が鈍いものが多く、白色をベースとした、極めてシンプルなものが多かった、という風に言われているでしょうし、実際に、街中で聞いてみれば、多くの高齢者が、そのように答えるかもしれません。それもそのはずで、バブル期頃までの電車の塗装というのは、鈍くしておかないと、車両の凹凸が強調されてしまう、というデメリットがあるわけで、一般的な建築物や、ビルなども基本的にはアンチグレアのつやを消した状態になっている、というふうに見受けられると思いますが、同様の理由になっている、という風に言えるわけです。当然のことながら白色を基本とした着色というのは、傷などを目立たせない効果を狙っており、なるべくスマートに見られる、という効果も狙っているのかもしれません。しかし、2000年代に近づくにつれて、電車にも新たな合金技術が導入されたこともあって、メタル的な仕上げ、をすることが可能になってきた、という風に言われているわけです。メタル的な仕上げというものは、90年代であれば、凹凸を強調してしまうことになるため、避けられてきたものである、という風に入るわけですが、技術の向上によって、凹凸がほとんど見えなくなる、または、見えても、ほとんど気にならなくなるように加工ができるようになってきた、ということは大きな進歩であるという風に言えるのではないでしょうか 。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です