リフォームの動機

リフォームをしようと思う時は、動機をしっかりと持つことが大切です。
ある調査によれば、 リフォーム経験者の動機としての第1位は、「老朽化」です。
その他には「生活の質を上げたかった」が続きます。
いわば当然の結果ともいえるものですが、新築から10年20年とたつうちに、外壁は風雨にさらされて汚れが目立つようになり、下水管や水道などの水回りも10年以内に配管を交換しなければならなくなるのが通常です。
外壁や屋根などの塗り替えは、単に汚れてしまったからというだけでなく、水漏れを防ぎ、外壁自体の持ちを良くするために必要な工事です。

しかし、リフォーム業界は、大手の住宅メーカーからリフォーム会社、地元の工務百、さらに町場の塗装業者に至るまで、さまざまな立場の業者が参入しているので、一般の方にはたいへんわかりにくいでしょう。
そのため、飛び込みの営業マンや訪問販売による悪質なリフォーム業者に騙されてしまう人も多くいます。
そこで大事なのは、リフォームを依頼する段階で、何をしたいのかということが明確にすることです。
動機が明確な人は、リフォームの業者選びゃ方法に迷いがないため、飛び込みの営業マンや訪問販売のワナにかかることは少ないです。

今もなお、リフォーム業界には悪質業者の手口も数多くまん延しています。
そんな業界の現状を打開するためには、お客様に信頼され、自らも誇りを持って仕事に取り組めるような業界にすることが必要です。
そしてなによりも「地元で腕が良くて安心できて、適正価格で依頼できる良い業者に巡り合いたい」という依頼者の願いに応えるための組織吊つくりが必要なのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です