外壁塗装の種類と溶剤

外壁塗装の商品名の多くに「油性」または「水性」と書かれています。これは、その外壁塗装の溶剤(塗料を溶かすための液体)が何であるかを示しています。油性塗料の場合はペイントうすめ液(一部の物はラッカーうすめ液)、水性塗料の場合は水が溶剤となっています。また、油性塗料の一部であるラッカーは、早く乾燥することが特徴の塗料で、ラッカーうすめ液が溶剤です。もし溶剤を間違えると、塗料と溶け合わずに分離したり、塗料が凝固したりするので気を付けましょう。

かつては、油性塗料の方が水に強く、耐久性があるといわれてきましたが、現在では水性塗料の品質も向上し、いったん乾燥して塗膜ができれば、しっかりと水を弾きますし、耐久性の面でも遜色ありません。DIYなどでは「水で薄めたり洗浄することができる」という扱いやすさの点で、水性塗料がおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です