既存塗膜の処置方法の設定

まず、劣化程度を調査します。それによって得られた劣化基準値をみて、劣化度に合わせて塗装していきます。劣化度は3段階に分かれます。下地処理の終了後、塗装系の選定の第一は、既存塗膜面に塗装するシーラーが必要となります。シーラーを用いる目的は既存塗膜の脆弱部分を補強したり吸収性の統一、そして補修塗膜との付着性向上等があげられます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です