塗装とその成分

塗料に含まれている成分は、主に塗装の後に乾燥•硬化させることによって塗膜として残る成分と、塗装するために必要な液体状態に保つ成分に分かれます。この2つの成分が作用することで、液体と壁へ張り付く塗料が機能します。

具体的には、塗膜要素と塗膜助要素にわけられます。塗装において、途膜として残る成分を一般的に途膜要素と言います。この途膜要素は、途膜主要素、副要素とを総称して展色材(ビヒクル)という成分と顔料に分類することができます。なお、塗膜主要素は塗膜形成主要素ともいい、塗膜を形成する結合材です。途膜の性能を決定づけるもので、一般的に油類や合成樹脂類などの種類があります。

塗料に用いられる油類は食物油で、空気中の酵素と反応し乾燥する性質をもつ慣性油が用いられます。油を単独で加工したのが、ボイル油です。これに顔料を加えたのが油性ペイントや油性調合ペイントと言われるものです。なお、建築用塗料の代表となっているのが、アルキド樹脂と言われる物で、この樹脂を用いて、油量が多い樹脂が一般に合成樹脂調合ペインととなっています。また、油と他成分とがほぼ同僚の樹脂を用いたものが、フタル酸樹脂エナメルと言われるものとなっています。