塗料工業と業界

日本の塗料工業は、1990年をピークに若干低下して来ています。産業界全体の景気動向を繁栄し、全体でおよそ200万トン、約7000億円の市場規模があります。

このうち、約20%が建築用との塗料ですが、個人住宅の塗り替え用としては、更に数パーセント以下の量と推察されます。

日本塗料工業界には、約110社が加入しており、このうち、エスケー化研、日本ペインと、関西ペイント、大日本塗料、トウペなどが汎用外壁と量を供給しています。マンションやその他大規模な建築物を除き、戸建住宅の塗り替えについては、町場の塗装業者、塗装専門訪問業者、大手塗料マーカー系列業者、その他各種リフォーム業者等が手がけていますが、新築需要の低迷から、リフォーム事業に乗り出す業者が多いのが最近の特長です。外壁の塗り替えもメニューとして加えている業者も多くなっています。

また、塗装を中心にした訪問販売業者も有名タレントを使って宣伝を行っています。しかしながら、最近はホームページによるPRが多くなっています。ホームページによるPRはタレントなどを起用した宣伝よりもコストパフォーマンスが良いために、業者が試行錯誤しながら自社のホームページをつくって集客を試みていることがわかります。